マウスピース

1950年から60年代にかけ、ジャズの最盛期とともにジャズ用サックスマウスピースが数多く生産されました。そしてその中には、その丁寧な作りと個性的なサウンドから、伝説的な名器が存在します。それらは「ヴィンテージマウスピース」と呼ばれ、製造後半世紀を過ぎようとする今でも高い人気を保ち、多くのサックスプレイヤーに愛用されています。そのなかの最高品質のヴィンテージマウスピースのサウンドと吹奏感を目指し、かつ改良を加えたのがAIZENマウスピースです。

AIZEN GR アルトサックスマウスピース

ポールデズモンドのサウンド究極形態


ポールデズモンドが使用していたのはMCグレゴリーのModelAというマウスピースです。Model AばMCグレゴリーの中でも最も初期のモデルで約70年前に製造されていた物です。
MCグレゴリー Model Aはヴィンテージマウスピースの中でも大変珍しいため、非常に人気が高く、今では殆ど市場で見かけることはできなくなりました。状態の良い物に至っては殆ど皆無です。

AIZENではMCグレゴリーModel Aを長い時間をかけて探し出し、その中でも選りすぐりの個体をあらゆる角度から検証して、あのヴィンテージサウンドを復刻しました。


名アルトサックスプレイヤー、ポール・デズモンドのような暖かく柔らかいサウンドと吹きやすさを両立しました。丸みを帯びたサイドウォール、ローバッフル、ミディアムチェンバーにより、豊かさ、ダークさ、暖かさを備えたサウンドに仕上げています。また大変吹きやすく設計したため、ストレスを感じることはありません。
特に中高音域ではデズモンドのあのドライマティーニのような美しいサウンドを堪能できます。また大変柔軟なマウスピースで、吹き方によって様々なサウンドを出せるので、決してジャズ限定のマウスピースではなく、様々な演奏スタイルでお使い頂けます。
開き
5 6 7 8
1.8mm 1.9mm 2.0mm 2.1mm

AIZEN JazzMster アルトサックスマウスピース

伝説のヴィンテージマウスピース、メイヤーブロスの音を追求。まさに、「枯れた」、「上質なバズを含んだ」、「ダークな」、ジャズサックスの王道のそれを持ち、吹奏感やコントロール性では近代マウスピースが確立した「吹き易さ」を、他のどんなマウスピースをも凌駕する性能で実現しています。
多くのプロトタイプの製作と試行錯誤の末、吹奏感と音色のバランスを取り、比較的軽めの吹奏感で、枯れた音色を実現することに成功しました。
多くのジャズサックスプレーヤーのヴィンテージマウスピースサウンドに対する欲求と、それに背反する「手強さ」を解決するために設計された、ジャズサックスプレーヤー待望のマウスピースです。
開き
5 6 7 8
1.8mm 1.9mm 2.0mm 2.1mm

AIZEN NY アルトサックスマウスピース

多くのプロが愛用し、ヴィンテージのアルトマウスピースの中でも、最も人気の高い、ニューヨークメイヤーの音を追求。独特の丸みがかったサイドウォールとロールオーバーバッフルにより、豊かで張りのある響きが特徴で、その艶のある音色、ダークさ、レスポンスなど、ジャズサックス向けのマウスピースに求められる要素として極上の品質を保っています。 AIZENでは数多くの中から選別した最高の「ヴィンテージマウスピース」を徹底的に研究し、独自の設計と職人によるハンドフィニッシュで、その艶やかでダークなヴィンテージサウンドを再現しました。
開き
5 6 7 8
1.8mm 1.9mm 2.0mm 2.1mm

AIZEN SO アルトサックスマウスピース

多くのプレイヤーに根強い人気のヴィンテージマウスピース、セルマーソロイストのショートシャンクモデルを再現。AIZEN SOマウスピースは絞り込まれた馬蹄形のチェンバーにより、暖かく、張りの有る音色と、スムースな息の入り、レスポンスの良さで、クラッシック、ジャズの両分野で求められる高品質なサウンドを実現しました。 AIZENではヴィンテージマウスピースに起こりがちな低音のつまりを改善し、全音域でバランス良く鳴る、ストレスの無い吹奏感とヴィンテージ独特のサウンドを再現しました。
開き
C☆ 5 6 7 8
1.7mm 1.8mm 1.9mm 2.0mm 2.1mm

AIZEN LS テナーサックスマウスピース

テナーのヴィンテージマウスピースの中でも最も人気の高い、オットーリンクスラントシグナチャーのサウンドを再現。ラージチェンバー、ローバッフルから得られる、そのダークで太く、かつ豊かな独特のヴィンテージサウンドは、まさにジャズサウンドの王道と言って良いでしょう。 また極めて滑らかな吹奏感は、名ヴィンテージマウスピースと比較しても驚愕のレベルと自負しています。 AIZENでは高音域が詰り易くなりがちなヴィンテージマウスピースの欠点も克服しており、その太く豊かなダークサウンドと抜群の吹奏感を実現しました。
開き
6 6☆ 7 7☆ 8 8☆ 9
2.3mm 2.4mm 2.55mm 2.65mm 2.8mm 2.9mm 3.05mm

AIZEN SO テナーサックスマウスピース

多くのプレイヤーに根強い人気のヴィンテージマウスピース、セルマーソロイストのショートシャンクモデルを再現。AIZEN SOマウスピースは絞り込まれた馬蹄形のチェンバーにより、暖かく、張りの有る音色と、スムースな息の入り、レスポンスの良さで、クラッシック、ジャズの両分野で求められる高品質なサウンドを実現しました。 AIZENではヴィンテージマウスピースに起こりがちな低音のつまりを改善し、全音域でバランス良く鳴る、ストレスの無い吹奏感とヴィンテージ独特のサウンドを再現しました。
開き
C☆ 6 6☆ 7 7☆ 8 8☆
1.8mm 2.3mm 2.4mm 2.55mm 2.65mm 2.8mm 2.9mm

AIZEN Tenor Metal JazzMster マウスピース

吹き易さとヴィンテージのスモーキーなサウンドの、両方を究極レベルまで高めたメタルマウスピースです。AIZEN独自のヴィンテージアロイを一本一本精密削り出して製作しています。ぶ厚く、太く、ダークで、豊かなサウンドを生み出します。ラージチェンバーでありながら、息がスムースに入り、ピアニッシモからフォルテシモまで、非常にコントロールし易くなっています。上級者の方はもちろん、初心者の方にもお勧めできるマウスピースです。
開き
6☆ 7 7☆ 8 8☆ 9 9☆
2.4mm 2.55mm 2.65mm 2.8mm 2.9mm 3.05mm 3.15mm

AIZEN LS ソプラノサックスマウスピース

ソプラノサックスのマウスピースとしては希少な、オットーリンクスラントシグナチャーのサウンドを再現。ラージチェンバー、ローバッフルから得られる、そのダークで太く、かつ豊かな独特のヴィンテージサウンドは、まさにジャズサウンドの王道と言って良いでしょう。 また極めて滑らかな吹奏感は、名ヴィンテージマウスピースと比較しても驚愕のレベルと自負しています。 AIZENでは高音域が詰り易くなりがちなヴィンテージマウスピースの欠点も克服しており、その太く豊かなダークサウンドと抜群の吹奏感を実現しました。
開き
6 7 8 9
1.5mm 1.65mm 1.75mm 1.9mm

AIZEN SO ソプラノマウスピース

多くのプレイヤーに根強い人気のヴィンテージマウスピース、セルマーソロイストのショートシャンクモデルを再現。AIZEN SOマウスピースは絞り込まれた馬蹄形のチェンバーにより、暖かく、張りの有る音色と、スムースな息の入り、レスポンスの良さで、クラッシック、ジャズの両分野で求められる高品質なサウンドを実現しました。 AIZENではヴィンテージマウスピースに起こりがちな低音のつまりを改善し、全音域でバランス良く鳴る、ストレスの無い吹奏感とヴィンテージ独特のサウンドを再現しました。
開き
C☆ 5 6 7 8 9
1.3mm 1.4mm 1.5mm 1.65mm 1.75mm 1.9mm

AIZEN LS バリトンマウスピース

選択肢の少ないバリトンのマウスピースの中で、珍しいオットーリンクスラントシグナチャーのサウンドを再現。ラージチェンバー、ローバッフルから得られる、そのダークで太く、かつ豊かな独特のヴィンテージサウンドは、まさにジャズサウンドの王道と言って良いでしょう。 また極めて滑らかな吹奏感は、名ヴィンテージマウスピースと比較しても驚愕のレベルと自負しています。 AIZENでは高音域が詰り易くなりがちなヴィンテージマウスピースの欠点も克服しており、その太く豊かなダークサウンドと抜群の吹奏感を実現しました。
開き
6 6☆ 7 7☆ 8
2.55mm 2.65mm 2.8mm 2.9mm 3.05mm

AIZENクロガネチタンシリーズマウスピース

日本の心の神髄には武士道があり、古来より日本に伝わる日本刀は、武士の魂だと言われています。

日本刀は機能性を追求し、一切の無駄を省いて作られました。鋼(はがね)を何回も鍛錬し、研ぎ澄まされた刀身は、高い機能性を発揮しただけでなく、工芸品としても大変美しいものになりました。

名刀工の手による刀身には美しい模様があり、秋の夜空に輝く星のように見えたり、天の川のように見えると言われます。これは、まさに名刀工の美意識を表現した言葉です。

日本刀の名工の精神に倣い、AIZENは「黒鋼」シリーズで、魅力的なサウンドと外観の美しさ両面を徹底して追求しました。

日本刀を最初に発明した名工は、実用的な刀を作るまでの間、素材選び、製造方法に試行錯誤を重ねたといわれていますが、AIZENでも長い時間をかけて数百パターンもの配合の組み合わせを試し、様々な製法を試みて理想的なサウンドと美しさを追求しました。

その結果、チタンを主成分とする64種類の金属とAIZEN独自のヴィンテージレジンを絶妙なバランスで配合し、これまでにない全く新しいサウンドと比類のない美しさを両立させることに成功しました。

通常のヴィンテージレジンに比べると大変パワフルで、遠鳴りします。また音の密度が濃く、音の芯が太いです。適度のエッジとほどよい柔らかさ両方を持ち合わせています。このように大変珍しく、美しいサウンドに仕上がっています。

また光を当てるときらきらと輝くマウスピースの表面は、天の川の星々を思わせるような外観で、他には類を見ないものとなっています。

この「黒鋼」シリーズは、まるで鋼のように非常に硬い素材で、ダイアモンド製の工具でもすぐに摩耗してしまうほどです。そのため、手仕上げで1本ずつ仕上げるには、大変な時間と労力がかかります。このため生産までに少しお時間を頂くことがあります。

開き
5 6 7
1.8mm(.071) 1.9mm(.075) 2.0mm(.079)
開き
5 6 7
1.8mm(.071) 1.9mm(.075) 2.0mm(.079)
開き
5 6 7
1.8mm(.071) 1.9mm(.075) 2.0mm(.079)
開き
5 6 7
1.8mm(.071) 1.9mm(.075) 2.0mm(.079)
開き
7 7☆ 8 8☆
2.55mm(.100) 2.65mm(.105) 2.8mm(.110) 2.9mm(.115)
開き
7 7☆ 8 8☆
2.55mm(.100) 2.65mm(.105) 2.8mm(.110) 2.9mm(.115)
開き
6 7
1.5mm(.059) 1.65mm(.065)
開き
5 6 7
1.4mm(.055) 1.5mm(.059) 1.65mm(.065)
開き
7 7☆
2.8mm(.110) 2.9mm(.115)

Copyright©AIZEN Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ページの先頭へ